ミョウジンツバメガイ 学名:Mariaglaja tsurugensis

掲載するには、かなりイマイチな写真なのですが、他になかったのでしょうがありません。一日も早くまともな写真を取って、差し替えたいものです。しかし、このウミウシは南方系の種。一体いつ写真は更新されるんだろう・・・ 撮影地:ロッシュリーフ *ヒョウモンツバメガイChelidonura sandranaで掲載していましたが、異名とされましたので、ミョウジンツバメガイに訂正します。

ニシキツバメガイ 学名:Chelidonura hirundinina

ニシキツバメガイは時期によって大量発生しますね。この時も5m四方ぐらいに10匹以上はいました。 1cmないくらいのミニミニですが、黄色とブルーのラインがとってもキレイです。 私だけでしょうが、いっぱいいると、どの個体にしよう?と迷っているうちに集中力が途切れ、ろくな写真が残ってない・・・ ということになってしまう。やっぱり写真は集中力が大切です。 撮影地:安良里

コナユキツバメガイ 学名:Chelidonura amoena

初めてコナユキツバメガイを見たのは柏島でした。後から知ったのですが、柏島ではかなりレアだそうです。伊豆のほうが見れる確率は高いかな? その名の通り、粉雪を散らしたようなキレイなウミウシです。その後は、あちこちで見かけることも。結構どこにでもいるのかもしれませんね。 撮影地:柏島

ミスガイ幼体 学名:Hydatina physis

ミスガイが紀伊半島ではあまり見かけません。写真上の幼体を見つけた時は、「コンシボリガイだぁ~」と興奮したのですが、よ~く見ると貝の模様が違う・・・ミスガイでした。昼間は砂の中に潜っているようです。見たい方は伊豆のナイトダイビングがオススメです。ウミウシの進化が感じられる種ですね。 撮影地:伊豆大島

1 158